♦使用下着の作り方

90年代に登場し、社会的に大きな流行を見せたのがブルセラショップなどと呼ばれた使用済み下着の販売店で、現在では過去に比べてその名を聞く機会は減ったように思われますが、ビジネスとしての人気で言えば決して衰えた訳ではなく、むしろ新たな局面を見せているかのような雰囲気があります。使用済み下着が売り買いされる場所というのは、昔のようにどこか怪しげな雰囲気のあるアダルト用品店であったり、または併設された専門店であったりしましたが、現在の主な場所というのはネット上に移っており、一般的な通信販売と同じような形式が採られています。
使用済み下着の価値というは、やはり殆どの部分が実際に素人の女性がその下着を着用していたことに依る訳で、そういった意味では対面する必要の無いネット販売というのは誤魔化しが効く方法であると思われがちです。そういった誤魔化しであったりを自発的に排除していくためにネット販売ではかなりの割合で、実際にその下着が着用されている写真などがアップロードされており、買い手の想像力を掻き立てるような効果が上がっています。
使用済み下着はもちろん着用済みであることが前提ですが、一種の使用下着の作り方とも呼べるような決まり事があり、そういった決まり事を守った使用済み下着は非常に人気となる傾向があります。使用済み下着では履き古るされていて、なおかつ着用していた女性の体液などが付着していると非常に価値が高まります。そういった事情を把握して、あえて数日間履き替えなかった下着などを販売する女性も多くおり、いずれも人気となっています。

▲ページTOP
掲載広告募集